成功談と同様のサイトで愛人募集する
やってしまいました。隣には知らない男性が寝ています。昨日は友達と飲んで酔っ払い1人で帰った気がするけど、なぜ隣に知らない男性がいるのか。しかも服は着ていない。私はベットの下に散乱している自分の服を着ました。着替えが終わる頃には隣で寝ていた男性が起きました。

「起きたんだ。昨日はありがとう。またやろうね。これ、お礼のお小遣い。」そう言って私に3万渡してくれました。「えっ、ごめんなさい。全然覚えてません。」「覚えてないの。相当酔っていたから仕方ないかな。君が彼女と振られたばかりで泣いてる俺に声をかけてくれて、ここにきて慰めてくれたじゃないか。」「そうでした。ごめんなさい。では、遠慮なく頂きます。」頭の中はパニックになっていた私だけど、とりあえず貰えるもらおうとお金を頂きました。しかし、全く覚えていない私。彼と連絡を交換して彼と別れました。

その後、体の関係なしで彼と何回も会いました。その度にお礼として何かを買ってくれました。私には良い金づるになって彼。「また、君とやりたいな。」「今、生理だからこれで我慢して。」そう言って軽くキス。そしてお小遣いをくれる。以前キャバクラで働き、金づる相手に何度も接客をしていたから彼を相手にするのは楽でした。

そんなある日、私は付き合っていた彼氏に浮気されて別れることになりました。それを彼に伝えると「今度は俺が慰めてあげる。」と、言ってキスをしてくれました。私はそれに答えました。前は酒のせいで覚えていなかったけれど、彼とのHは最高に相性がいい。金づると思っていた彼にはまりそうです。
ホ別苺
デート援

今日のアクセス:1/昨日のアクセス:1
トータルアクセス:9


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理